FC2ブログ

プロフィール

クマー

【登場人物】
ポニョちゃん…地元の小学校に通う小4長男
ガガちゃん…近所の保育園に通う年長次男
ルーちゃん…ママ。忙しいビジネスウーマン。毒舌が特徴
クマー…わたし。仕事場は自宅の一室
★平日更新です/まぐまぐで配信しているメールマガジン『クマー日記』のブログ版です/バックナンバーはこちらでどうぞ
★お便りはこちらへ
ru_and_kuma@yahoo.co.jp
注)「@」(全角)を「@」(半角)に変換してご使用ください。

カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

ランキングとか

こどもの本はアマゾンで


リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

耳の痛い話

ことわざの日めくりカレンダーを買ったんです。子ども、特にポニョちゃん(小3長男)の勉強用にね。2~3日に1枚めくるんだけど。

子どもに読ませるんだから基本的なやつ、たとえば「棚からぼたもち」とか「えびで鯛を釣る」とか「絵に描いた餅」とか「猫に小判」とか、そんなのがあればいいのにさ。なんかヘンなのばっかり載ってるんだなこれが。

耳の痛い話

【うかうか三十 きょろきょろ四十】
うかうかしている間に三十代になり、きょろきょろしているうちに四十代になってしまう。これといった仕事もしないまま、人生をいたずらに過ごしてしまうたとえ。


わたし「なんか耳の痛い話ですね」

ママ「クマーなんか三十も四十もとっくに過ぎてもうすぐ五十じゃない」

わたし「そうは言われてもねぇ…」

ポニョちゃんの勉強という当初の目的を逸脱して、なんかおもしろグッズみたいな笑える存在になってきたよ、このカレンダー。


昨日は祝日で、うちは勉強タイムと称して朝から夕方まで子どもたちと勉強してました。ポニョちゃんとわたしは主に漢字、ガガちゃん(5歳次男)はママとオルガンやってました。途中、外が雪になったとき(けっこう降りました)はママと子どもたちで雪遊びしてびしょ濡れで帰ってきて。

ことわざはちびむすドリルさんのプリントを使わせてもらいましょう。急がば回れ、ですな。


★ダイエット(体重/体脂肪率、ゴールは56.0/17.0)

3/22 63.6/20.1
3/21 63.6/20.5
3/14 62.6/20.3
3/07 64.4/21.0
2/28 63.2/20.7
1/31 64.1/20.6
12/31 64.5/21.4
11/30 65.0/21.6
10/31 66.0/22.3
9/30 67.0/22.2
8/31 70.1
5/?? 76.5


★昨日の晩ごはん

鮭のムニエルとか


★やることリスト

【New】部屋の整理とノートPC購入
・写真の現像
・ママのスマホから画像吸い上げ
・予防接種(兄)日本脳炎を9歳で1回
・予防接種(弟)麻疹風疹を年長で1回


★あとがき

地元の塾が公立一貫校向けの説明会を開催するというので申し込んでみました。


漢字が書けず悔しくてポニョちゃんが号泣するのを見て、わたしは自分の脳がぎゅっと萎縮するのを感じました。

虐待とかうけると脳は萎縮するって言いますけど、要するに保存可能な容量を超える刺激を受けると自己防衛のために縮むんだなと。わたしがそうならポニョちゃんはもっとだろう。


わたしが望むこうあってほしいというレベルと、彼の現状との間に、けっこうな乖離があるんですね。これから先、高学年か、中学生になってからでもいいけど、少しずつその差を縮めていきたいんだけどさ。

先の展望が見えず、今はまさに五里霧中ってとこです。


★ランキングに参加しています。左か下の「このブログに投票」ボタンをぜひクリックしてくださいませ。


スポンサーサイト

テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

<< もうすぐ4年生なのにお釣りが理解できない | ホーム | ちょっと意気消沈してるのでお休みします >>


コメント

先が見えない不安

 クマーさん、こんにちはー。コインランドリーに行って洗濯物を乾かすのが習慣化してるし、コインランドリーで合う人も一緒だし、いい加減に晴れて欲しいと思うさくらです。
 さてさて、子供の勉強を見るって、想像以上に大変ではないですか?どうやって教えたらわかるだろう、でも教える前にここの所が分かってないと前に進めないし。
思った以上に、教えているほうが脳使ってますよね-。
 でも、先が見えない不安のほうが今は、勝っていて・・・不安だけではどうともならないのも分かって入るけど、体の不調には出てきてます。
 それから、子供にこうあってほしいというレベルは捨てて、現状を受け止めないと。キャップがあると苦しいだけです。
そして、学力はまさに一日一日やることの積み重ねで、繰り返し繰り返しやって、脳に体に染み込ませていくしかないです。
でも、やらないと駄目だとわかって、奮闘しているのは本人なのだから、見守るのも仕事ですよー。
 我が家の長男は、勉強の方は旦那にまかせてますが、せめて環境を整えたいとは、思ってます。勉強する環境整備ですかねー。
 明日は、卒業式で小5の長男も参加です。で、お昼には帰ってくるし、なかなかゆっくり出来ませんね-。
 とにかく、寒いので午後は気温が上がるらしいので、体調管理に気をつけて下さいね-。

さくらさんこんにちは。
うちのベランダのヒヤシンスが咲いて、背の低いミニチューリップみたいなのももう明日にもぱーっと開きそうです。


>子供の勉強を見るって、想像以上に大変で

そもそも親が理解してないと教えられないですしね。
だって学校や塾の先生みたいに、教えることを本業にしてる人がたくさんいるのに、それと同等かそれ以上のことを自分が家庭でやろうとしたらそりゃ大変だよなと、身に染みて感じています。難しいです。

そのうえで今日の記事にも書きましたけど、うちの長男はちょっと先が本当に心配になる子なので、進度とか理解度とかを窺いながら進めなきゃという。ほんと難しい。かといって塾に丸投げとか絶対にしませんけど←次男は性格的に塾向きかもなとは思ってますけど、今の長男はちょっと無理です。

教えなくても理解力の高い子ならほんと苦労しないんでしょうけどね。春休みは跳び箱(これは家での練習だけでどうにもならなかったので体操教室に)と漢字とことわざを中心にやります。

あと、次男がテレビ見たり遊んだりすると集中できないので、昨夜はわたしの部屋の机で勉強させました。そろそろ勉強部屋が必要かも。春の大掃除の移動で考えてみます。

染井吉野の薄い色は曇天に映えますよね。
さくらさんもよい週末を!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム