プロフィール

クマー

【登場人物】
ポニョちゃん…地元の小学校に通う小4長男
ガガちゃん…近所の保育園に通う年長次男
ルーちゃん…ママ。忙しいビジネスウーマン。毒舌が特徴
クマー…わたし。仕事場は自宅の一室
★平日更新です/まぐまぐで配信しているメールマガジン『クマー日記』のブログ版です/バックナンバーはこちらでどうぞ
★お便りはこちらへ
ru_and_kuma@yahoo.co.jp
注)「@」(全角)を「@」(半角)に変換してご使用ください。

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

ランキングとか

こどもの本はアマゾンで


blogram投票ボタン

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

『結婚を難しくさせる3タイプの女性』について

昨日読んだ記事が気になったので記録しておきます。

婚活女性を骨抜きにする「アラフィフ男」の策 「恋多き女」は刺激とドラマを求めるものだ(東洋経済オンライン)


つい「はぁ?」って言いたくなるタイトルですが(実際「アラフィフ男の策」は記事の主題じゃないと思う)、2ページ目の『結婚を難しくさせる3タイプの女性』の項が面白いです。

~引用ここから~

仲人の経験則から言えば、30代40代になっても独身でいる女性は大きく3つのタイプに分けられる。

まずは、恋多き女タイプ。恋愛に刺激とドラマを求めるので、好きになる相手を見誤ることが多い。自分を結婚相手に選ばない男性ばかりを好きになり、気がつけば適齢期を過ぎている。

次に、高学歴、高収入のバリキャリ。なんでも論理的に考える癖があるので、恋愛も頭で考えてしまうから気持ちが動かない。年を重ねていくうちに何を選択すれば結婚できるのかがわからなくなっている。

3つ目は、これまで一度も恋愛をしてこなかったタイプ。経験がないから、何からどう恋愛を始めたらいいのか、そのやり方がわからない。

~引用ここまで~


女性なら直感的に「そんなの言われなくても」と思われるかもしれませんけど、わたしは「へーなるほど、そうなのかぁ」と感心してしまいました。

でも2番のバリキャリ女って、たいていは1番の恋多き女か3番の経験なし女のどちらかに含められるでしょ。逃げ恥のゆりちゃんは後者でしたね。結局は現実が見えない1番か石のように動かない3番が難しい案件だということで。


なるほどなぁ。これは仲人さんの話ですけど、なにもお見合いとか結婚相談所とか婚活とかそういうときだけの話じゃないですよね。

結婚してからも難しいこと、いっぱいありますからね。他の人に目が向いちゃうかもしれないし、夫婦間でセックスが合わないかもしれないし。そういうことに対して上手に柔軟に対処できない人は、なにかにつけて生きるの難しいだろうな。「生きる力」を強く持たないとね、なかなかね。


★ダイエット(体重/体脂肪率、ゴールは56.0/17.0)

1/11 64.7/20.8
1/10 64.8/21.4
1/09 65.3/19.9
1/08 65.0/21.1
1/07 64.4/20.4
12/31 64.5/21.4
11/30 65.0/21.6
10/31 66.0/22.3
9/30 67.0/22.2
8/31 70.1
5/?? 76.5


★昨日の晩ごはん

【前菜】とろろごはん/豆サラダ
【主菜】ミートソーススパゲッティ/コーンスープ
【甜点】ピノ(アイス)1個

前菜になんかもうひとつ出したんだけど、子どもたちの分しかなくて帰ってきたママには出せなかったんだけど、それが何だか思い出せないのが悔しい。


★やることリスト

【至急】写真の現像とアルバム、フォトブックの申込
【至急】ママのスマホから画像吸い上げ
・眼科の予約
・予防接種、麻疹風疹を年長で1回


★あとがき

ママは今日も元気にスマートフォンを忘れて会社に行っちゃいました。こらー、どこのサザエさんだまったく。


★ランキングに参加しています。左か下の「このブログに投票」ボタンをぜひクリックしてくださいませ。


スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。 - ジャンル : 育児

<< 長男に新機能が搭載されました | ホーム | 4年生からの通塾はあきらめました >>


コメント

結婚って

 クマーさん、こんにちはー。コメントへの返信、凄い丁寧で嬉しいです。
 さてさて、主人がよく言う言葉があります。「結婚って生活なんだよねー、夫婦二人であっても、全く違う二人なんだから、話さないと分からないでしょ」って。
 でも、そうですよねー。食事だって毎日3回、体調がいい時もあれば、悪いときもある。
生活していく上で、適度なお金は必要だし、生きる力って難しいですよね。
 そうそう、クマー家の食卓はすごいですよね。だって、前菜があって主菜があるって。
我が家は、メインの料理があったら、必ず野菜関係と、食後の果物は欠かさないように、努力してます。
でも、今一番大変なのが、主人のお弁当かも知れません。以前は作りおきのおかずを作って頑張っていましたが、夏場は足が早くて、作っても大半が残って誰かしらにいあげている状況で・・・・。今は、買ってきた惣菜で凌いでいます。
 それから、クマーさんにお願いがあります。素敵なママは、3人姉妹?の真ん中だったんですね。
実は、我が家の次男の扱いが一番困ってたりします。主人が何かと、病院なり買い出しなり、一人の時間を作るようにしてはいますが・・・・これも限界があって。
「親に、どう接して欲しかったのか」聞いてもらえませんか?
次男自身も、妹がいる時にはお兄ちゃんになり、上のお兄ちゃんが居る時には、弟になるのですが。イマイチ、立ち位置が不安定で・・・・。
出来たらでいいです。聞いて貰えると嬉しいです。
 さて、今夜の夕飯はカレーにしました。
そう言えば、保育園や学校の給食とメニューがかぶる時ってありませんか?
次男の幼稚園ばかり気にしていたら、学校とかぶりそう。我が家ではありがちです。
 では、何だか最強寒波がやってくるそうですよー。我我が家の地域でインフルエンザが流行り始めました。
クマーさんに家族のみなさんも体に気をつけて下さいね。

さくらさんこんにちは。
今日は午前中にお返事しちゃいますよ。


>話さないと分からないでしょ

ああこれ、そうそうこれです。
御主人のこの言葉、とてもいいです。
わたしもそう思います。
無駄な話も世間話とかも含めてよく話をして、お互いにとって最適な関係や状態を探っていくことの繰り返しですよね。

わたしはYahoo知恵袋とか教えてgooとかで夫婦関係の相談を見るのが趣味なのですが、

話し合えない人=一人で思い詰めたり黙り込んだりするタイプの人とか、

最適を探れない人=常に自分がナンバーワンで相手の意見を汲み取れないタイプの人とかは、男でも女でもなかなか難しいよなーと思います。


>前菜があって主菜があるって。

出してるものは冷凍食品もお惣菜も普通に使うしぜんぜんですけど、出す順番とタイミングだけはわりと考えてるかもしれません。子どもたちの腹の減り具合と出す料理の好みを考えて、今日は苦手なものから出してやれとか、ママの帰りがちょっと遅くて食事も遅くなりそうだから、早い時間にたい焼き食べさせちゃえ、とか。


>お弁当

うちは子どもたちは中学生になったら毎日お弁当生活が始まります。中高で兄弟で10年間かぁ。気が遠くなるのでまだ何も考えてませんけど。


>メニューがかぶる

うちはわたしが小学校や保育園の献立表を完全無視なので「あ、昼もカレーだったの、ごめんね夜もカレーだよ」とか、よくあります。肉じゃがとか焼きそばとか、たしかによくかぶるのはなんででしょうね。昨夜もガガちゃんに「マカロニ、ほいくえんのきゅうしょくでたべた」と言われました。
「味の違いを楽しんでちょうだい」なんてごまかしてます。たいてい「ほいくえんのほうがおいしかった」「小学校の給食のほうがもっとおいしいぞ」なんて兄弟で言い合ってます。


>親に、どう接して欲しかったのか

うちのママは真ん中っ子らしく独立志向が強くて「ほっとけ。私は私でちゃんとやるから」といったタイプです。女女男のきょうだいなので、さくらさんちのちょうど逆ですね。子どもの頃は弟の世話をよくしたそうです。今でも両親ときょうだいとつかず離れず、わたしから見たらとてもいい関係を築いています。

愛情が偏らなければ特に気にしなくていいんじゃないですか。同じように愛したつもりでも、受け取り方は子どもが3人いれば三者三様になるんだし。立ち位置が複眼的だから一番苦労するのが真ん中っ子、ってことを親がわかっていればきっと大丈夫ですよ。


さてこのあと洗濯物干して買い物と図書館です。週末は晴れ&寒いみたいで冬本番ですね。でももう梅はちらほら咲き始めてるし、かわいい水仙も咲いてるし。冬の底に春の姿が少しずつ見えてきていいです。さくらさんもよい週末を!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム