プロフィール

クマー

【登場人物】
ポニョちゃん…地元の小学校に通う小3長男
ガガちゃん…近所の保育園に通う4歳次男
ルーちゃん…ママ。忙しいビジネスウーマン。毒舌が特徴
クマー…わたし。仕事場は自宅の一室
★平日更新です/まぐまぐで配信しているメールマガジン『クマー日記』のブログ版です/バックナンバーはこちらでどうぞ
★お便りはこちらへ
ru_and_kuma@yahoo.co.jp
注)「@」(全角)を「@」(半角)に変換してご使用ください。

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

ランキングとか

こどもの本はアマゾンで


blogram投票ボタン

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

兄が号泣する姿は弟の成育に影響する

このところポニョちゃん(小3長男)が毎日勉強のことで泣いてます。

問題の答えが分からなくて癇癪起こして号泣のパターンが多い。恨めしそうな顔でわたしを見て泣き叫びます。これまでわりとのほほんと彼を育ててきたし、彼もそうやって育ってきたし。それでいいと思ってた。だけど。


3年生の夏を過ぎて、あまりの勉強できなさぶり、いや勉強だけじゃなくて運動も音楽も、何をやってもダメな彼の姿に、親の側が辛抱たまらなくなってしまったのです。育て方が間違ってたのかと。それが彼の成長を妨げてきたのかと。だから今こうなのかと。

そんなに難しいこと、高度なことを要求してるわけじゃない。うちは中学受験とかさせないし(っていうか今の状態じゃとてもそんなの無理)公文の算数と国語だけはちょっと先に進んでるけどそれだってまだ簡単な掛け算とか割り算とかだ。


それどころか、彼はそのはるか手前でつまづきまくっていたのです。

わたし「じゃあ問題出すよ」
ポニョちゃん「えーなんでよ、イヤだよ」
わたし「何でもくそもない。そうやっていつも逃げるから(ゴネられてわたしも途中でやめるから)算数できないんじゃないか」
ポニョちゃん「やだなぁ…」
わたし「100円持っておつかいに行きました」
ポニョちゃん「はい」
わたし「30円のお菓子を3つ買いました」
ポニョちゃん「えっ?」
わたし「どうかした?」
ポニョちゃん「もういっかい言ってくれる?」
わたし「30円のお菓子を3つ買いました」
ポニョちゃん「そうじゃなくて、最初から」
わたし「100円持っておつかいに行って30円のお菓子を3つ買ったらおつりはいくらですか、式と答えを言いなさい」
ポニョちゃん「ええっとぉ……」
わたし「……」
ポニョちゃん「……」
わたし「……」
ポニョちゃん「……」
わたし「……」
ポニョちゃん「ええっとぉ」
わたし「はい」
ポニョちゃん(超小声で)「じゅ、10円かな」
わたし「式は?」
ポニョちゃん「式?」
わたし「そう。式と答えって言ったよ」
ポニョちゃん「式はわかんない」
わたし「そうか」
ポニョちゃん「うん」

「……」のところはたっぷり30秒くらいかかりました。賢い子なら1.5秒くらいでできるだろうになぁ。


掛け算とか割り算の意味もほとんど理解しないまんま、進んできちゃったのね。だから文章題にされるととたんに分からなくなる。「教室に生徒が15人います。先生が鉛筆を3本ずつ配ります。鉛筆は何本必要ですか?」ができない。もちろん「先生が鉛筆を20本持っています。5人の生徒に配ります。ひとり何本ですか」もわからない。

公文で国語と算数やってれば(べつに公文じゃなくて塾とかでもいいんだけど)そのうち理解力も(遅れて)上がってくるだろうと思ってたのは間違いか。物事を理解して吸収する力というのはどうしたら身に付くのか。


というようなことをここひと月以上、あれこれ自問自答して試行錯誤してやってるわけ。成果は出てないけど。

そういう父と兄の姿、カリカリしてる父と泣き叫んでる兄の姿を、弟のガガちゃん(4歳次男)は隣で一人遊びしたり絵本を読んだりしながら一身に感じてるわけ。静かに静かにじーっと息を殺しながら、ひと言も聞き漏らすまいとこちらに向けた背中が強張ってます。


ガガちゃんには悪いことしてるなと思いながらも、どうすれば兄ちゃんが算数できるようになるだろうとこっちも必死だったりします←算数だけじゃなくて国語も英語もとび箱もリコーダーもそうなんだけど。もちろんやってるポニョちゃんなんかもっと必死です。

ああこれ、わたしが子どもの頃と同じだ。兄が勉強できない→父が教えることに→それでもできない兄→父キレる→兄キレる→喧嘩。これをまだ小学生の頃のわたしはじーっと聞いてた。あれは本当にイヤだった。あれから40年くらい時を経て今に繋がるんだけど、あの家の人間関係がガタガタになった一因にもなった気がする。それくらい鮮明に覚えてる。


ということは、まだ小さいガガちゃんもきっとこれを忘れないわけで。心に傷を負って生きていくわけです。昨日、急に大きな声で怒りだしました。あれは兄か父か、どっちかの真似をしてるわけで。そのあと大笑いしてたけど。

なんか家族4人、ここまでとても幸せに来たけど、先が急に不透明になった気がします。どうなるんだろね。心配だけど、なるようになります。


★ダイエットコーナー

9/11 69.1/23.6
9/10 69.2/22.2
9/09 69.4/24.1
9/08 69.2/23.9
---
9/07 69.6/23.6
8/31 70.1
8/24 71.2
8/17 71.8
8/10 72.6
5/?? 76.5


★昨日の晩ごはん

小松菜チャンプル/春雨スープ/梨


★やることリスト

・ダイエット【ゴールは56.0キロ】
・写真の現像とアルバム【そろそろ】
・予防接種、4歳末おたふく【そろそろ】/麻疹風疹、年長で1回


★あとがき

昨日の夜ママに「わたしもうセックス興味ないから」と言われたのもショックだったな←この先どうなるかは分からないけど、たぶん一生忘れないと思う。

大海を漂う小舟みたいな気分だ。漕ぎ出で何処を彷徨っているのか。


★ランキングに参加しています。左か下の「このブログに投票」ボタンをぜひクリックしてくださいませ。


スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。 - ジャンル : 育児

<< やはり全然わかってない | ホーム | 毎日どちらかが泣いてます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム