FC2ブログ

プロフィール

クマー

【登場人物】
一郎…地元の小学校に通う小6長男。幼名ポニョちゃん。
二郎…地元の小学校に通う小2次男。幼名ガガちゃん。
ルーちゃん…ママ。忙しいビジネスウーマン。毒舌が特徴
クマー…わたし。仕事場は自宅の一室
★平日更新です/まぐまぐで配信しているメールマガジン『クマー日記』のブログ版です/バックナンバーはこちらでどうぞ
★お便りはこちらへ
ru_and_kuma@yahoo.co.jp
注)「@」(全角)を「@」(半角)に変換してご使用ください。

カレンダー(月別)

02 ≪│2020/03│≫ 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

ランキングとか

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

関心・意欲・態度~観点別評価と成績の関係について

年度末で、うちの子たちも成績表をもらってきました。

わたし「ほぉ、二人ともすごいじゃん」

一郎(小5長男)「へへー」

二郎(小1次男)「国語はちょっと足りなかった」

各教科それぞれ4~5項目くらいの観点別評価A~Cがあり、それを足し合わせた成績が教科ごとに3~1の3段階で評定されてます。


二郎はまだ1年生なので成績(評定)はありません。でも観点別評価は算数がぜんぶA、国語もほぼAでした。でも他の科目はBばかり並んでます。

わたしの中では、二郎はなんとなく勉強できる子という扱いなので、それを見ても「そうだよね」といったかんじで。


驚いたのは一郎のほうです。これまで悩みの種だった観点別評価の関心・意欲・態度の項目ですが、Aがついてるのがなんと8教科中5教科もあって。これまでほぼゼロだったのに。

わたし「今年、学校で頑張ったのがよく分かりますね」

一郎「へへー」

成績(評定)も過去最高で、3が複数ありました。


そりゃ親としては嬉しかったけど、だけどわたしは気づいてしまいました。一郎の成績が学年によってムラありすぎなことに。

過去5年間のうち、落ち着いた雰囲気の若い男性教師が担任だったのが2回で、他は女性教師が2回と、雰囲気が体育会系の男性教師が1回です。

前2回(今年を含む)と後3回の違いは明確です。

前者/観点別評価のA評価が多い。成績に3がつく。
後者/観点別評価がほぼすべてB。成績も2ばかり。


ここまではっきり分かれるのかと感心します。特に後者(女性または体育会系の男性)の先生の場合、関心・意欲・態度の項目にAがついたことは一度もない。要するに一郎は、前者の先生からはそこそこ評価されるけど、後者の属性の先生からはまったくといっていいほど評価されないということです。

その評価軸を中学校に援用すると、とてもじゃないけど一郎を公立中学校に進学させるわけにはいきません。中学になると前者の先生はほぼ姿を消し、後者の先生ばかりになるだろうし。それならいま勉強させて私立に進ませるほうが将来の進学先を考えるとずっといいと、改めて思いました。ああすっきりした。

関心・意欲・態度の評価と内申書について(2019/01/30)


★今朝の算数対決

昨日の記録です。
一郎(小5長男)0vs-3わたし

二郎(小1次男)の百ますです。
掛け算の記録1分59秒
引き算の記録1分53秒
足し算の記録1分45秒


★あとがき

それでも近所の悪ガキのほうがまだ成績が良いというのはどういうことなのか。先方がちゃっかりしてるのか、それとも一郎がぼーっとしてるのか。

一郎くんさ、やっぱ受験がんばろうよ。


★昨日の晩ごはん

休日出勤したママがささっと作ってくれました。
【前菜】【主菜】【甜点】


★ダイエットの記録(体重/体脂肪率、56.0/17.0まで)

20/Mar/2020 65.8/22.6
28/Feb/2020 65.2/22.6
31/Jan/2020 66.1/23.1
24/Dec/2019 66.1/23.0
30/Sep/2019 67.0/21.8
30/Jun/2019 66.0/22.0
31/Dec/2018 65.0/22.4
30/Jun/2018 62.7/20.3
31/Dec/2017 64.5/21.4
??/May/2017 76.5/??.?


★最近の受験関連記事

長男が思った以上にできない/次男がかしこい(2020/03/15)
久しぶりの全勝対決と、腰を据えた件について(2020/02/27)
勉強がヤバい件(2020/02/17)
長男また号泣するの巻(2020/02/07)
自分で考える力が弱い子(2020/02/03)


★ランキングに参加しています。「男の子育児」ボタンをぜひクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ