プロフィール

クマー

【登場人物】
ポニョちゃん…地元の小学校に通う小4長男
ガガちゃん…近所の保育園に通う年長次男
ルーちゃん…ママ。忙しいビジネスウーマン。毒舌が特徴
クマー…わたし。仕事場は自宅の一室
★平日更新です/まぐまぐで配信しているメールマガジン『クマー日記』のブログ版です/バックナンバーはこちらでどうぞ
★お便りはこちらへ
ru_and_kuma@yahoo.co.jp
注)「@」(全角)を「@」(半角)に変換してご使用ください。

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

ランキングとか

こどもの本はアマゾンで


blogram投票ボタン

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

長男が覚醒した日~国語の要約文について

~ここから~

翻訳家は、直訳では不自然だとか、母国語にない言葉をどう訳すかなど、翻訳に伴う様々な困難を克服するために、外国語と母国語の双方に優れた力を持たねばならない。

~ここまで~

わたし「あのさ」

ポニョちゃん(小4長男)「なにさ」

わたし「これ、ほんとに一人で書いたの?」

ポニョちゃん「見てたじゃん」

わたし「そうだけど…」


いま公文で中1相当の国語をやってるのですが、このところずっと文章の要約で、けっこう難しいのね。ふだんの言葉遣いが高学年にしては幼いというか頭わるそうに聞こえるポニョちゃんですが、こっちではこんな立派な文章を書いちゃって。

わたし「ほんとに自分で書いた?」

ポニョちゃん「しつこい」


もう何年も一緒に勉強してて、あまりにできなくてあきれたことや真剣にやらなくて叱って泣かせたことは何十回もあったけど。テストの点が酷すぎて視界が真っ暗になったこともあったけど。

すげぇって感心したのはこれが初めてだ。いやすごい。かっこいい文章です。


まぁ家で漢字テストやるとこんな惨状ですけどね。

〔ぶようじん〕な家→〔無用人〕
注文を〔ついか〕した→〔追化〕
〔みかい〕の地→〔末開〕
〔めいれい〕を下す→〔名令〕
清潔な〔いふく〕〔移服〕
〔しゅい〕打者→〔取位〕
〔きゅうじん〕広告→〔給人〕


わたし「なんですかこの微妙にどれも惜しい田舎のヤンキーみたいなセンスは」

ポニョちゃん「けっこう頑張ったんだけどなー」

コツコツやればそのうち覚えるから。少しずつでも毎日やろう。


正直このままたいして成長せずに行ったら偏差値50を超えることは最後までないだろうなと覚悟してたのですが。

ちょっとだけ手応えを感じました。覚醒の仕方がわたしやガガちゃん(年長次男)みたいな瞬間爆発型じゃなくて、ポニョちゃんはじっくり焼き上げる低温燃焼型なんですね。ママ似かも。競馬で言えば短距離型と長距離型の違いみたいな、そんなかんじだと思います。


【最近の受験関連記事】
中学受験の学校見学で両親の意見が分かれる
入学準備講座と習い事の調整について
勉強で泣く理由を長男が話しはじめた
子どもが自分から本を読む方法をみつけました
進路指導にどうしても納得できない


★昨日の晩ごはん

【前菜】豆きゅうりサラダ/焼き鳥
【主菜】丼(うなぎ・とろろ)/味噌汁
【甜点】ざる蕎麦


★あとがき

ポニョちゃんが耳鼻科で体重計にのったら34.5キロもありました。

ママ「軽肥満だな」

わたし「じゃあパパと一緒にダイエットしよう」

ということで野菜中心の健康的な食事を規則正しくね。大好きなラーメンは標準体重に戻るまで我慢、と。


★ダイエットの記録(体重/体脂肪率、56.0/17.0まで)

18/Jul/2018 63.3/20.0
17/Jul/2018 63.4/20.9
16/Jul/2018 63.6/21.0
15/Jul/2018 63.2/20.6
14/Jul/2018 63.4/20.3
07/Jul/2018 63.0/19.7
30/Jun/2018 62.7/20.3
31/May/2018 63.0/20.7
30/Apr/2018 63.6/19.9
31/Mar/2018 63.4/21.1
28/Feb/2018 63.2/20.7
31/Jan/2018 64.1/20.6
31/Dec/2017 64.5/21.4
30/Nov/2017 65.0/21.6
31/Oct/2017 66.0/22.3
30/Sep/2017 67.0/22.2
31/Aug/2017 70.1
??/May/2017 76.5


★ランキングに参加しています。左か下の「このブログに投票」ボタンをぜひクリックしてくださいませ。


スポンサーサイト

テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

中学受験の学校見学で両親の意見が分かれる

このまえ見学に行った中学校について、ママとわたしの意見が見事に分かれました。

わたし「いい学校です」

ママ「んー」

わたし「敷地は広いし、校舎はとても雰囲気あるし」

ママ「んー」

わたし「緑に囲まれてるのに駅から近い」

ママ「んー」

わたし「生徒たちもいい顔した子が多かったです」

ママ「んー」

わたし「地震とか大災害があっても、中学生ならなんとか歩いて帰れる距離だしね」

ママ「んー」

わたし「あれだけ鬱蒼としてれば、隅っこに勝手にビオトープとか作っちゃっても、バレないかもしれません」

ママ「それはないだろ」

わたし「どっちにしても、わたしはとても気に入りました」

ママ「んー」

わたし「ポニョちゃん(小4長男)だって、理科室とか標本とか興味津々でしたよ」

ママ「んー」


ママが首を縦に振らない理由はハッキリしています。普通の、一般的な中学受験~偏差値表の上から順に選ぶ~だと絶対に選ばれないような学校だからです。

ママ「そこに行くなら地元の公立とそんなかわらないよなあって思うんだよね…」


たぶん本命校にするであろう学校と試験日が例年おなじなので、受けることはないかもしれませんが。でもその〔たぶん本命校にするであろう学校〕に6年生の12月の時点でどうにもこうにも届きそうになかったら、わたしはマジメな顔して「こっちを受けようよ」って言うと思います。

塾の偏差値表だと〔たぶん本命校にするであろう学校〕より15くらい低いけど。いい学校だよ。間違いない。


【最近の受験関連記事】
入学準備講座と習い事の調整について
勉強で泣く理由を長男が話しはじめた
子どもが自分から本を読む方法をみつけました
進路指導にどうしても納得できない
ほんとはホームスクールでいいと思ってる


★昨日の晩ごはん

省略します


★あとがき

~連休の記録~
【土曜】猛暑。電車→ポニョちゃんの英語教室→蕎麦屋→ガガちゃん(年長次男)とわたしは電車で音楽教室へ、ポニョちゃんとママは学校見学へ→帰宅して合流→わたしだけ車で老父見舞いと老母と食事、ママと子どもたちは近所の子ども会の飲み会へ。10時前に帰ってきてすぐ寝た。
【日曜】酷暑。午前中は勉強、昼からママとポニョちゃんはプログラミング教室、ガガちゃんとわたしは鉄道会社のスタンプラリー。最後に景品をもらえて喜ぶも暑くてぐったり、帰りの車内で寝る。夕方~夜、ママと子どもたちで割り箸とペットボトルでいかだを作って風呂に浮かべて遊ぶ。
【月祝】酷暑。家から10分のバス停が日差しカンカンで参る。4人でバスで学校見学へ。1時間ほど見るも暑すぎ。商店街の喫茶店で冷たいもの食べて休憩。電車→バスのはずがバス停の場所わからずうろうろ。バスの待ち時間は15分、ママがペットボトルの水を子どもたちの頭からジョロジョロとかけて待つ。バス乗って降りて図書館。ファミリーレストランが激混みで待って昼食→電車で帰宅。夕方電車でスイミング教室、二人とも進級してニッコリ。


★ダイエットの記録(体重/体脂肪率、56.0/17.0まで)

17/Jul/2018 63.4/20.9
16/Jul/2018 63.6/21.0
15/Jul/2018 63.2/20.6
14/Jul/2018 63.4/20.3
07/Jul/2018 63.0/19.7
30/Jun/2018 62.7/20.3
31/May/2018 63.0/20.7
30/Apr/2018 63.6/19.9
31/Mar/2018 63.4/21.1
28/Feb/2018 63.2/20.7
31/Jan/2018 64.1/20.6
31/Dec/2017 64.5/21.4
30/Nov/2017 65.0/21.6
31/Oct/2017 66.0/22.3
30/Sep/2017 67.0/22.2
31/Aug/2017 70.1
??/May/2017 76.5


★ランキングに参加しています。左か下の「このブログに投票」ボタンをぜひクリックしてくださいませ。


テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

入学準備講座と習い事の調整について

~今回はガガちゃん(年長次男)の話です~

わたし「新1年生の入学準備講座というのがあってですね」

ママ「うむ」

わたし「週に1回、国語算数英語を40分ずつやるんです」

ママ「ほぉ」

わたし「9月から1月まで16回で1万2千円です」

ママ「月謝がか?」

わたし「いえ、トータルで」

ママ「悪くないな」


ポニョちゃん(小4長男)が家で受験勉強を始めるのにあわせて、ガガちゃんも一緒に通信で勉強させようかなと思っていたのですが←ベネッセのこどもちゃれんじが終わった代わりに。

通信だと国語算数を自宅で、となるのですが、通学だと鉛筆の持ち方から始まって英語も一緒にやってくれるみたいで。

・英語をどこでやろうか考えてたのでお試しにいい
・途中で行かなくなってもこの金額ならまぁいい


【習い事の現況】
・こどもちゃれんじ→7月で終了
・スイミング
・音楽教室

ここに週1回2時間を加えるのかぁと考えていたら、ママも同じことを思ったようで。

ママ「家で勉強するなら別だけど、通うなら音楽教室は夏で終わりにしようか」

わたし「いいんですか?」

ママ「頑張ってたの、もったいないけどねぇ」


【9月以降の習い事】
・入学準備講座(1月まで)
・スイミング

すっきりしますね。あとはガガちゃん本人に意思を確認して、よければ【音楽教室→退会、入学準備講座→申し込み】にしましょう。

まぁガガちゃん本人は「あーピアノなんてはじめなきゃよかったー」とよく叫んでるので、大丈夫だとは思うのですけどね。


~以下おまけ~

わたし「なぁポニョちゃんや」

ポニョちゃん「あ?」

わたし「bLという単位は何かな?」

ポニョちゃん「デシリットルに決まってんじゃん」

わたし「それはディーとエルだべ」

ポニョちゃん「?」

わたし「これはビーとエルだ」

ポニョちゃん「あれっ?」

わたし「まだb/d の区別もつかんのか、このバカモンめ」

ポニョちゃん「あー、バカって言ったな」

わたし「6年も英語教室かよっててそんなのもわからんなんて、バカモンに決まっとろうがこのバカモン」

ポニョちゃん「てへ♪」

わたし「てへ♪じゃねぇ、まったく」


【最近の受験関連記事】
勉強で泣く理由を長男が話しはじめた
子どもが自分から本を読む方法をみつけました
進路指導にどうしても納得できない
ほんとはホームスクールでいいと思ってる
男子校でもいいです


★昨日の晩ごはん

【前菜】冷やし中華/味噌汁
【主菜】鶏肉とほうれん草のニンニク炒め
【甜点】アイス少々


★あとがき

今週もご愛読ありがとうございました。週末です。3連休だ。

明日は忙しいです。

午前=4人でポニョちゃん英語教室へ
午後=ガガちゃんとわたしが音楽教室、ポニョちゃんとママは学校説明会へ
夕~夜=わたしは老父見舞いへ、ママと子どもたちは近所の子ども会飲み会へ

日曜は何があったかな。月曜(祝日)は別の学校のオープンキャンパスを覗いてきます。天気がよければ4人で散歩がてら行きたいです。


来週で学校は休みに入ります。給食はいつまでだっけ。いよいよ夏休みかぁ。今年の夏は忙しくなります。

それでは次回のクマー日記は来週の火曜日になります。皆様もどうぞ楽しい夏の連休をお過ごしください。


★ダイエットの記録(体重/体脂肪率、56.0/17.0まで)

13/Jul/2018 63.5/20.5
12/Jul/2018 62.7/19.7
11/Jul/2018 62.5/20.9
10/Jul/2018 62.5/20.8
09/Jul/2018 62.8/20.3
08/Jul/2018 計測忘れ
07/Jul/2018 63.0/19.7
30/Jun/2018 62.7/20.3
31/May/2018 63.0/20.7
30/Apr/2018 63.6/19.9
31/Mar/2018 63.4/21.1
28/Feb/2018 63.2/20.7
31/Jan/2018 64.1/20.6
31/Dec/2017 64.5/21.4
30/Nov/2017 65.0/21.6
31/Oct/2017 66.0/22.3
30/Sep/2017 67.0/22.2
31/Aug/2017 70.1
??/May/2017 76.5


★ランキングに参加しています。左か下の「このブログに投票」ボタンをぜひクリックしてくださいませ。


テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

勉強で泣く理由を長男が話しはじめた

このところ毎日、ポニョちゃん(小4長男)に漢字と計算のテキストをやらせてます。受験用の勉強を本格的に始めるのは夏休みに入ってからでいいけど、その肩慣らしで。

昨日はこうでした。

学校から帰る(3時前後)

急いで学校の宿題をやる

公園へ遊びに行く

帰ってくる(6時)

腹減ったからとサラダを食べる

ウンコ出るとトイレにこもる

はよせんか!とパパに叱られる(6時40分頃)

公文のプリントを3枚やる

晩ごはん(7時)

食べ終えてまたトイレにこもろうとするので「ウンコはさっきしたろうが!」とパパに叱られる(7時半)

漢字と計算を始める


まぁたいていこのところこんなかんじです。当然だけど8時過ぎても終わりません。やっと計算を終えて答えあわせをしたら、1問間違ってました。

【問題】6月25日から7月5日までは何日間ですか?

そんな問題です。大人なら旅行の日数を数えるみたいにして「えーと11日間だな」とかわかるけど、子どもにはね、まだそこまで知恵がついてないから。


するとポニョちゃんの目が滲んだかと思うと、ぶわーっと涙が溢れてきました。

またか。なんでこの子は間違えるといつも泣くんだろ。


ママが気を利かせてガガちゃん(年長次男)と一緒にお風呂に行ってくれました。ポニョちゃんにもお風呂いきなよと促したのですが、彼は行きたくなさそうで。

ははぁん。

【教訓】泣いてる姿を弟に見られるのは恥ずかしいし、弟にからかわれたら悔しいから行きたくない。


で、なんで間違えたんだろうとか、間違えるとなぜ泣けるのかとか、そんな話をポツポツとしてたわけ二人で。そしたら彼は言いましたね。

ポニョちゃん「だってそのやりかた、オレ知らなかったから」

ああ、だから悔しくて泣いちゃったのか。そこでこれはいい機会だと、いろんなことを話しました。

【悔しくて泣くほうがいいこと】間違ったら悔しいから次はうまくやろうと思うんです。そこで悔しいと思わない子は上達しません。だから、キミがいつもそうやって大泣きするの、ぜんぜん悪いことじゃない。かえっていいことです。

【誰でも同じこと】近所の同級生を見てごらんよ。A君ちはパパが怖くて勉強できないとすんごい叱られるって、A君ママに聞いたことあるよ。B君ちは野球の練習でよくママにビンタされてるじゃん。一生懸命なにかをやろうとすると、間違いや失敗をたくさんします。そこから悔しさをバネに上達していくものです。

【でも勉強はやること】A君はポニョちゃんと一緒で中学受験する子です。もう塾に通ってるじゃん。中学受験する子なんて1000人いたら999人は親に言われて勉強するんだよ。ドラえもんの出来杉君みたいに自分で何でもやる子なんて1000人にひとりです。これが大学受験だと「オレはこの大学に行きたいから金出してくれ」とかさ、自分でほとんど決めるんだ。だけど特に小学生のうちはさ、中学受験するかしないかは関係なく、ある程度は親に促されて勉強するもんだと思う。どこかで自分のやる気スイッチが入って、自力で進み始めたら大成功なんだけど、どうなるだろうね。

【A君ち事情】ゲーム機、買ってもらえるらしいよ。キミたちが公園で楽しそうに遊んでるの、やっぱうらやましかったんだろ。もちろん塾に行く日はダメだろうけどさ、夏休みとか一緒に遊べるでしょ。よかったね。


あと何の話をしたっけな。途中で冷凍庫からチョコアイスを出して二人で食べたりして、ゆっくりお風呂に入ってたママとガガちゃんが出てきてから、ポニョちゃんはやっと一人でお風呂に向かいました。

でもね、すっきりした顔してたから、よかったんだと思います。なんで泣けるのかとか、そもそもなんでこんな勉強するのかとか、そういうモヤモヤした疑問が少しクリアになってすっきりしたんじゃないですかね。


あ、こんな話もしました。もし試験日が明日なら泣いてる場合じゃねぇ!ってパパも諦めるだろうけど、まだ2年半も先のことなんだし、焦る必要は全然ないよと。

親子で一緒に走る競争なんだから、親だけ先に行こうとしたってダメです。泣いてる子どもと、まず話をしないと。それで進めるなら進めばいいし、ムリそうなら休めばいい。わが家の霧が少し晴れて、よい夜でした。


【最近の受験関連記事】
子どもが自分から本を読む方法をみつけました
進路指導にどうしても納得できない
ほんとはホームスクールでいいと思ってる
男子校でもいいです
国語力は壊滅的だし、精神的に幼いし


★昨日の晩ごはん

【前菜】サラダ
【主菜】牛丼/味噌汁
【甜点】ドーナツ

あれ、なんだか牛丼屋の定食メニューみたいですね…


★あとがき

これから知らないことがたくさん出てくるけど、そのたびに泣かれてたらパパも身体がもたない(=じんましんで死んじゃう)かもしれません←そんなことないけど。

まぁでも少なくとも4年生のうちは、もっとたくさん泣くんだろうな。そのうち泣き飽きて自立への道を進むのでしょう。


★ダイエットの記録(体重/体脂肪率、56.0/17.0まで)

12/Jul/2018 62.7/19.7
11/Jul/2018 62.5/20.9
10/Jul/2018 62.5/20.8
09/Jul/2018 62.8/20.3
08/Jul/2018 計測忘れ
07/Jul/2018 63.0/19.7
30/Jun/2018 62.7/20.3
31/May/2018 63.0/20.7
30/Apr/2018 63.6/19.9
31/Mar/2018 63.4/21.1
28/Feb/2018 63.2/20.7
31/Jan/2018 64.1/20.6
31/Dec/2017 64.5/21.4
30/Nov/2017 65.0/21.6
31/Oct/2017 66.0/22.3
30/Sep/2017 67.0/22.2
31/Aug/2017 70.1
??/May/2017 76.5


★ランキングに参加しています。左か下の「このブログに投票」ボタンをぜひクリックしてくださいませ。


テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

孤独という病について

「孤独という病」は伝染し、職場を壊す

~引用ここから~

孤独とは「『社会的つながりが十分でない』と感じる主観的感情」で、家族といても、職場にいても、時として堪えがたいほど感じるネガティブな感覚である。

(中略)

社会的ネットワークの周縁部の人々は友人が少ない。彼らは孤独感を感じていて、不安感が強い。孤独感を抱いている人は「他者をよそよそしい存在」と見がちなので、数少ない友人への不信感も強く、その孤独感と不信感に堪えきれず、残り少ない友人との関係までも断ち切ってしまう傾向が強い。

(中略)

これらの結果を受け、カシオポ教授らは、「孤独感は世界が敵対的だという感覚から始まり、社会的な脅威を警戒するようになる。孤独感を抱いている人は、他の人にネガティブな態度を取ったり自分が所属するコミュニティによそよそしい態度を取りがちになり、増々孤独感を募らせる」と、いったん孤独の罠にはまると底なし沼のように孤独という病いに引込まれる、と指摘したのである。

(中略)

私が2006年に調査したときには、積極的な他者関係が欠如している人は、逃避行動をとることが多かった。慢性的に降り続く雨にびしょ濡れになっているため、問題に対処しようという「心の体力」が低下してしまうのだ。

~引用ここまで~


「不信感も強く→堪えきれず→残り少ない友人との関係までも断ち切ってしまう」とか、「積極的な他者関係が欠如している人は、逃避行動をとることが多かった」とか、ドキッとするよねこういうの。まぁそこから何かを導こうとすると、結局はリア充賛歌になるんだけど。

ママはよく「クマーだって 傍から見れば リア充だ」と字余りの句を詠みます。わたしは潜在的な孤独感みたいなのが人一倍強い人間なので、ママはそれ分かってて言ってるんですけど。


わたしはこの筆者と違って、個人の抱える孤独感が社会に与える悪影響と、そこからいずれ既存の概念や社会通念を打ち破って生まれてくるであろう新しい力というものは、あくまでも等価だと思っています。

だからこの記事に対してひとことで言うなら「ほっとけよ」かな。「うるせぇ」とか。


★昨日の晩ごはん

【前菜】とろろごはん/味噌汁
【主菜】焼肉/キムチ
【甜点】桃


★あとがき

晩ごはんのあと、流しで洗い物をしてました。ママとポニョちゃん(小4長男)は食卓で算数して、ガガちゃん(年長次男)はソファーで一人、本を読んでます。

ママ「クマーさ、どうしたの?」

わたし「なんでもないです」

ママ「なんか怖い顔してるよ」

わたし「なんでもないです」

ママ「応援してるチームが負けてるから?」

わたし「それは関係ないです(ちょっとあるけど)」

ポニョちゃん「オレが算数、間違えてばっかりだから?」

わたし「それも関係ないです(ちょっとあるけど)」


あのね、長男と母親の密着が強い姿を見ると、嫌な気持ちになるんだよ。それは実家の老母と、縁を切った実兄に対する悪感情から派生してるんだけど。

具体的に言うとそこのキミとキミ。ママとポニョちゃん。弟のガガちゃんをずっと放っておいてることについて、何か思うところはないの?


わたしは放っておかれる立場の次男だったのでそれが当然と思っていた(思わないとやってられなかった)けど、いま考えたらいくらなんでも自分の実の母と兄に対して「おまえらなに考えてんの?」くらい言ってもよかったよなと、40年前の自分に向かって言ってあげたい。

まぁ甘やかされて育つ長男なんて、自分がそうなるとしたらまっぴらごめんだけど。上記の記事と同じで、そのような類のことをガガちゃんに言おうものなら「ほっとけよ」と一蹴されるんだけど。それでも長男と母親にはひとこと釘を刺しておかないといけない。


★ダイエットの記録(体重/体脂肪率、56.0/17.0まで)

11/Jul/2018 62.5/20.9
10/Jul/2018 62.5/20.8
09/Jul/2018 62.8/20.3
08/Jul/2018 計測忘れ
07/Jul/2018 63.0/19.7
30/Jun/2018 62.7/20.3
31/May/2018 63.0/20.7
30/Apr/2018 63.6/19.9
31/Mar/2018 63.4/21.1
28/Feb/2018 63.2/20.7
31/Jan/2018 64.1/20.6
31/Dec/2017 64.5/21.4
30/Nov/2017 65.0/21.6
31/Oct/2017 66.0/22.3
30/Sep/2017 67.0/22.2
31/Aug/2017 70.1
??/May/2017 76.5


★ランキングに参加しています。左か下の「このブログに投票」ボタンをぜひクリックしてくださいませ。


テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ